• スタッフブログ 07.08.2014 コメントは受け付けていません。

    日本科学未来館~その5~

    さて、3階へと移動したオーバルブリッジの下のフロアにはジオスコープが。

    P1020954

    このタッチパネルに、いろいろなデータが表示されるのです。

    例えば、3・11東日本大震災の津波の広がり方や

    渡り鳥の移動、気温上昇のシュミレーションなど。たくさんありましたよ。

    P1020955

    テーマのブロックをマークされた位置に置くと、そのテーマが表示されます。

    P1020961

    ほど近くに「2050年くらしのかたち」のコーナーが。

    P1020957

    登録して未来の市「いとおか市」の市民になるのです。

    P1020960

    いとおか市のどの辺に住む?

    私は便利な駅前エリアに住んでいます。

    P1020959

    アートディレクションはジブリ映画「思い出のマーニー」美術監督の種田陽平さん。

    一人乗りヘリコプターに乗っている女の子、夢がありますね。

    P1020958

    隣にあるコーナーは、「技術革新の原動力」

    むすびつけたり、くみあわせたり、ものつくりの技術をわかりやすく紹介しています。

    P1020977

    わっ!このたくさんの顔の中から、自分の顔を探し出せるかな。

    P1020965

    ロボットワールドにいるASIMOは、体調不良でお休み。

    残念ですkao-a13

    P1020966

    HallucⅡというロボット。自由自在に動けるらしいですよ。

    実演時間が合わなくて動作が見られませんでしたが。

    P1020974

    セラピー用ロボット「パロ」 赤ちゃんアザラシみたいでかわいい!

    動いていなかったみたいですが、ふわふわしてました。

    P1020976

    インタロボット。人間の声に反応して、相づちをうったりします。

    閉館後はこの子たち同士でしゃべってたりして。

    P1020962

    オトナロイド。平日の15時以降は、操作したり、お話しすることができるそうです。

    まばたきや微妙な呼吸の感じが、人間みたいでした。

    P1020972

    コドモロイド。ニュースを読んでいるのですが、近くからは見られないようになっています。

    世界中の言語が使えるそうですよ!

    P1020979

    必要最小限の人間らしさを追求した テレノイド。

    じーっと見てると、かすかに呼吸しているようでもあり。

    やはり平日15時以降はコミュニケーションできるそう。

    P1020969

    アナグラの歌-消えた博士と残された装置

    サイトを見た時から心惹かれ、入ってみたかったのですが、満席。

    P1020970

    アナグラを上から見た図。空間情報科学なので、他の人と近すぎるとNGらしいです。

    P1020971

    メディアラボ第13期展示「1たす1が2じゃない世界 ― 数理モデルのすすめ」

    会場では7つの研究事例をミッションとして紹介していました。

    P1020973

    これはその内のひとつ。

    動物同士がけんかをしないような檻の配置を考える、「平和な動物園をつくろう」というパズル問題。

    おもしろいです。このパズル、売ってたら買いたいくらい。

    P1020968

    白と黒のボールはコンピュータが情報を処理する0と1の2進数を表している、

    というインターネット物理モデル。

    P1020967

    ターミナルがメッセージをやりとりできるように、

    お互いをつなげているのがネットワークなのだそうです。

    P1020975

    3階でも科学コミュニケーターさんが実験をしていましたよ。

    こちらは超電導の実験でした。

     

    こちらもよろしくお願いします↓

    e38396e383ade382b0e794a8e383aae383b3e382afe38390e3838ae383bc1

     

     

    Tags: , ,

  • スタッフブログ 06.08.2014 コメントは受け付けていません。

    日本科学未来館~その4~

    さて、再び5階の展示室に戻り、今度は宇宙や地球、それを取り巻く環境などの展示を見ました。

    P1020931

    画像の下のレバーやスコップを操作すると、画面の環境が変わります。

    これと同じことが現実にも起きているんですね。

    P1020932

    木から始まる新しい工業。

    将来、石油に代わって多くのものを木で作れるようになるかもしれませんね。

    P1020933

    大きな目玉みたい。

    エネルギーが放出されているところを探すのだったかな。

    P1020930

    循環を表すモデル。透明な球を追っていきます。

    P1020936

    熱が色の違いになって表示されています。

    P1020938

    スーパーカミオカンデの1/10模型。

    宇宙からやってくるニュートリノを観測する装置です。

    中がピカピカしてきれい!

    P1020935

    深海にいるコノハナガニ。海の底まで太陽が届かないので、白いですね。

    P1020939

    「しんかい6500」のところに展示してあった麺の容器。

    深海の圧力で縮んでいます。

    P1020941

    「しんかい6500」は、水深6,500mまで潜ることができる、現役の有人潜水調査船です。

    耐圧殻(コックピット)に乗り込んだのですが・・・

    P1020940

    狭いです。大人なら3人ってところでしょうか。

    P1020942

    ラボでは科学コミュニケーターさんが、DNA抽出実験をおこなっていました。

    シンボル展示  ジオ-コスモス

    オーバルブリッジを通って3階に向かいます。

    科学未来館のシンボル展示「ジオ-コスモス」は迫力があって

    宇宙から地球を観たら、こんな風にみえるのかな。

    P1020948

    有機ELパネル(96mm角)っていうのを10,362枚使って

    実際の地球の約200万分の1、直径6mあるのだそうです。

    P1020949

    1時間に1回、様々なデータを使ってデモンストレーションが行われていました。

    P1020950

    1階からは寝そべってジオ-コスモスをゆっくり観られるんですね。

    特等席です。

     

    こちらもよろしくお願いします↓

    e38396e383ade382b0e794a8e383aae383b3e382afe38390e3838ae383bc4

    Tags: ,

  • スタッフブログ 18.07.2014 コメントは受け付けていません。

    日本科学未来館 ~その1~

    エール学院では、毎年、夏のバスツアーをやっていますhare

    今年は、7月30日に「そなエリア東京と日本科学未来館」に行く予定。

    オバマ大統領来日の際に、ASIMOくんとボールを蹴っていたあの未来館です。

     

    どうせなら、みんなの自由研究のお役に立ちたいup

    そこで、公休日の一日、科学未来館に下見に行ってきました。

    P1020892

    入口の前に水をたたえたエリアがあって涼しげ。

    車を地下の駐車場に入れて、上がってくるとこの辺に出ます。

    平日だったので、駐車場は空いてました。

    ちなみにバスの駐車場は地下ではありません。

    P1020893

    チケットブースで入場券を購入。

    この時にドームシアターガイアの予約をしてしまいます。

    指定席なので、予約した時間に6階の入り口まで行けば大丈夫。

    まずは5階に行ってみます

    P1020904

    5階は「世界をさぐる」がテーマ。宇宙から人間、生命までさまざまな展示が。

    日本の主力ロケット「H-IIA」に搭載されているLE-7Aエンジン。実物だそうです。

    左手は、生命や医療、人間のエリアになっているようです。

    P1020905

    ここに手を乗せると、スキャンされます。

    P1020906

    この後、画面には手の内部まで画像になって表示されるんです。

    P1020907

    顕微鏡でいろいろな細胞が見られます。

    P1020909

    バーチャルで 昆虫を生み出します。パネルを選択して遺伝子を操作。

    体のバランス、羽や足の数・大きさ・色・位置、目の色・大きさ、を自分で決めて

    名前をつけて、森へ放ちます。

    P1020911

    ちゃんと飛んでるかな?

    P1020908

    ゲノムのコーナーにあった塩基配列が並んでいくパネル。

    まるでゲーム画面です。

    P1020914

    この後、社会科見学の小学生に囲まれていた骨格標本。

    P1020913

    未来館の科学コミューターさんが、小学生にいろいろ説明してましたよ。

    P1020915

    このカラフルな入口から続く 医療のコーナーがまた、興味深いのです。

     

     

    未来館には、ボランティアスタッフさんや、科学コミューターさんがあちこちにいて、

    来館者にわかりやすく解説してくれるのです。

    これは、理科が苦手な子も、興味を持つ第一歩になりますね。

    日本科学未来館は、また明日に続きますenpitu02

     

     

     

    こちらもよろしくお願いしますo06

    e38396e383ade382b0e794a8e383aae383b3e382afe38390e3838ae383bc1

    Tags: , , ,

  • スタッフブログ, 未分類 21.08.2010 コメントは受け付けていません。

    自由研究にいかが?

    夏休みも8月20日を過ぎると

    ぐっと残り少ない感がでてきますね~senpuki02

    自由研究、終わりましたか?

     

    まだやってない!ネタも考えてない!

    なんて方、こんなのはいかが?

    img_1337

    じゃじゃ~ん メダカの観察!

    メダカの卵が10個以上入ってるんですって!すごい!

     

    実はコレ、エール学院熊谷本校のすぐお近くの

    とれたて野菜無人販売所で販売されているんです。

    img_1339

    新鮮なお野菜が100円で売っていて(だいたいの場合)

    お安いし、新鮮だし、働く主婦にはありがたい場所♪

     

    その棚の一番下に少し前からあるメダカの卵。

    飼育ケースに入って売られている、すぐ飼育が

    始められるのもあるんです。(500円だったかな?)

    img_1338

    卵の絵を描いたり、卵からかえる様子を観察したり

    かえったばかりのメダカは、成長した姿とどうちがうか

    観察したり、いろいろできそう。

    あと10日だとちょっと忙しいかな?

     

    img_1340

    エール学院熊谷本校のすぐ前の東小学校方面に向かう一方通行路

    10mくらい行った右側にのぼりが出てるので

    すぐおわかりかと思いますよ。

    ただし、午後3時くらいから夕方までしかやってませんので

    いらっしゃる方は ご注意を!

    Tags: , ,

  • スタッフブログ, 未分類 26.06.2010 コメントは受け付けていません。

    この夏、理科実験教室をやりますよ!

    夏休みに、与野鈴谷校で理科実験教室をやることになりました!

    7月24日(土)の予定ですが、雨天なら29日(木)に順延です。

    問題は内容。

    自由研究関連の本やネットと首っ引き。

    試行錯誤を重ね、やっと決まりました!

     

    まず参加して楽しくないといけません。

    これが第一条件。

    それから理科脳を刺激できるかどうか。自由研究に応用できるか。

    あとはお子様でもカンタンに作れて(安全も重要です)

    自分なりに工夫できて

    作ったもので遊べたりするともっと良いかしら?

    ご予算も少々・・・

    などと考えていると、頭の中がグルグルしてしまいましたが

    最も良い組み合わせで3つ、選べたと自負していますkira01

     

    その3つは

    ジャジャ~~ン

    「スライム」

    「ホログラムブンブンごま」

    「空飛ぶコップ」

    です!

    なになに、どんなの??と思った方

    もしもお近くなら与野鈴谷校までお運びくださいね!

    14:00から18:00まで開催してま~す。

    エール学院にお通いじゃなくてもご参加いただけますし

    3つの実験が終わったら、かき氷もプレゼントkakigori01

    もちろん無料です!

     

    夏休みの早いうちに自由研究のネタを用意してしまい

    (しかも遊んでかき氷食べて)

    有意義な夏休みにしたいですね!

    与野鈴谷校 理科実験教室でお待ちしています!

    Tags: , ,