• スタッフブログ, 古文 26.02.2010 コメントは受け付けていません。

    春と言えば・・・?

    春と言えば・・・何を思い浮かべますか?

     

    今日は午後から雨が降りました。春の雨って感じの雨です。

    冬の雨と春の雨は違いますものね。

     

    万葉集に

    「山吹の咲きたる野べの つぼすみれ この春の雨に盛なりけり」

    (高田女王、万葉集8-1444番)

    という歌があります。

    降りしきる春の雨の中で咲いているスミレ、目に浮かびますね。

     

    新古今和歌集には、伊勢の歌で

    「水の面にあや織りみだる春雨や山の綠をなべて染むらむ 」

    という短歌があります。

    山の緑を一斉に染めていくのは春の雨なんですね。

    ひと雨ごとに春らしくなって、木々も芽吹いてきます。

     

    同じ新古今和歌集の山部赤人の歌

    「春雨はいたくな降りそさくら花まだ見ぬ人に散らまくも惜し」

    は桜が咲いている頃の雨です。

    いたくな降りそ、 あまり強く降らないで、と呼びかけています。

     

    春と言えば、と聞かれると私は躊躇なく「さくらもち」と答えるのですが

    sakuramotisakuramotisakuramotisakuramotisakuramoti

    この仕事で春と言えば・・・

    そう、春期講習!!

    趣の無い話でごめんなさいね!

    この24日に新聞折り込みチラシを入れさせていただきました。

    ここのところお問い合わせをいただくんです。ありがたいです。

     

    「春だな~」とのほほんとしていたらすぐに終わってしまう春休み。

    今の学年の復習をぜひやっておきましょう。

    エール学院の春期講習は、個別指導が4回です。

    ちょっと頑張ってやってみませんか?

    そして頑張った自分へのご褒美といったら・・・

    さくらもち、ですね!

    Tags: ,