• スタッフブログ, 作文の書き方 08.08.2009 コメントは受け付けていません。

    作文の書き方番外編~読書感想文の書き方~

    作文の書き方、今回は番外編「読書感想文の書き方」です!

     

    今日は8月8日、もう暦の上では秋ですね~。

    夏休みの宿題、そろそろ心配になってきます。

     

    「読書感想文」は夏休みの宿題の定番。

    本を選び

    本を読み

    感想をまとめて

    原稿用紙に書く

     

    結構、時間がかかります。

    で、パターンとして、本を読まずに

    本の後ろにある「あとがき」だけ読んで

    なんとか感想文にまとめよう、なんて人はいませんか?

     

    最低、本の内容は知りましょう

    「あ~本を読む時間が無い~」

    なんてことにならないようにしたいもの。

    ですが、

    そうなっちゃった時は、最低本の内容だけ、つかんでおきましょう。

    と言うのは、全部読まなくても大丈夫、ということ。

    (ホントは塾の先生がこんなこと言っちゃいけません!)

     

    読書感想文にあらすじはいりません!

    読書感想文に必要なのは……

    (ここからはまた明日…)

     

    表彰式に行ってきました

    親ばかですが、表彰式に行ってきました。

    dscf4131w

    3年連続 全国水の作文コンクールに入りました♪

    Tags: , ,

  • スタッフブログ, 数学 03.08.2009 コメントは受け付けていません。

    数学なんてこわくない~関数を理解する~2回目です

    今回も 「数学なんてこわくない」は「関数を理解する」ですよ♪

    こんにちは、クローバーです!

    CB028870

    夏休みの宿題、頑張ってますか?

     

    「塾の宿題もあるし、終わらない~」なんて言わないで

    夏休みは苦手を克服する、絶好のチャンスです!

    ここで頑張っておきましょう!

     

    座標が与えられたとき、グラフに正しく点を打てますか?

    計算や図形問題はよくできるのに、グラフだけは何をやっても理解できない。

    そんな生徒さんがたまにいます。

     

    私の教えた生徒さんは中2の頃、座標の導入の授業を休んでしまい、

    ちゃんとした説明を受けていませんでした。

    私がきちんと説明をすると、急に表情が明るくなり、その後、見事関数を克服しましたよ。

    グラフはあまりにも基本すぎて、見落としがちです。1度確認してみましょう!

     

    式⇔グラフ⇔用語

    式からグラフが書けるか、その逆はどうか。

    また、「傾き」「切片」「変化の割合」などの関数用語とグラフ、式の関係は・・・。

    用語は、どの生徒さんも身につくのになぜか時間がかかります。

     

    短気を起こさず、何度も何度もていねいに覚えましょう。

     

    あとは教科書の基本問題の「解き方を覚える」こと!

    解き方を“覚える”。それだけです。

    覚えたら、何度も演習し 身に付けてしまいましょう!

    Tags: , , ,

  • スタッフブログ, 作文の書き方 29.07.2009 コメントは受け付けていません。

    作文の書き方 何を書くか考えよう!

    今日の「作文の書き方」は 「何を書くか」考えよう!という事。

    いよいよ夏休みに突入し、作文の宿題を出されたお子様もいらっしゃるでしょう。

    学習塾エール学院の生徒さんも、みな平均的に昨年より

    夏休みの宿題が多いそうですよ。

    作文と感想文、両方出てる~ なんて声も聞こえます。

    で、「何を書くか」これはかなり重要です。

    何を中心に書くか、はっきりさせよう

    作文を書く上で、最初に取り組むのが何を中心に書くかを決めること。

    その際、テーマ(お米とか郷土とか、与えられている場合)からかけ離れたものに

    ならないように注意しなければなりません。

    私の娘の例で恐縮ですが、

    「お砂糖」というお題があるなら そこから

    お菓子・手作り・家族…などと広げていきましょう。

    適切な具体例を探す

    中心に書くことが決まったら、それに合う具体例を自分の日常生活の中から

    探して、自分の目線で書きましょう。

    これは私の勝手な読みなんですが

    話題の中に「家族」の話や(お父さんと話したこととかを具体的に!

    会話文を効果的に使いましょう)

    「友達」との会話(ここでも会話文をはさむとメリハリがつきます!)

    などを入れてみると具体例がぐっと光ってきます!

    Tags: , , ,

  • スタッフブログ, 作文の書き方 04.07.2009 コメントは受け付けていません。

    「作文の書き方」 起承転結をつけよう!

    「作文の書き方」で、あなたも作文マスターに!

    な~んて。

    夏休みの作文の宿題で、いつも頭を悩ませるあなた。

    学習塾エール学院の「作文の書き方」にちょっとお付き合いを。

     親バカですみません

    学習塾エール学院に小学校4年生から通っている生徒で

    作文の得意な姉妹がいます。

    親バカですみません、私の娘です。

    昨年は次女が

    埼玉県水の作文コンクール に入選

    e4b887e69f9ae5ad90e8a1a8e5bdb0e5bc8f-005

    一昨年は長女が

    同じく埼玉県水の作文コンクールに入選

    dscf1666

    今年も次女が入選のお知らせをいただきました。

    少しずつこの姉妹をどうやって指導したかを

    書いていきたいと思います。

     作文の基本は?

    作文の大きな基本は

    「読み手が内容を理解できる」ということ

    だと思います。

    そのためには「起承転結」は意識したいですね。

     「起承転結」の覚え方

    「起承転結」のおもしろい覚え方の例があります。

    私の恩師が教えてくれたのですが

    「京の三条の糸屋の娘 =記
     姉は十八妹は十五  =承
     諸国大名は弓矢で殺す=転
     糸屋の娘は目で殺す =結」

    という例えです。

    糸屋の娘さんって美しい方なんでしょうね~。

    っていうのは置いといて。

     

    娘達は中学になって、やっと「起承転結」を意識した

    文章を、少し書けるようになったようです。

     

    小学校の頃は、書きたい内容を図式化して

    考えるように指導してきました。

    次回はその辺から書かせていただきます。

    Tags: , ,