• スタッフブログ, 古文 05.12.2009 コメントは受け付けていません。

    古文な気分「百人一首を覚えよう」14回目!

    「古文な気分」は「百人一首を覚えよう」シリーズをお送りしています。

    CB108122

    雨ですね。

    しかも寒い!冷たい12月の雨です。

     

    こんな日は暖かいお部屋で…百人一首を覚えましょう!

     

    とうとう「きまり字」6字 最後です

    31  あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに  よしののさとに ふれるしらゆき

    64  あさぼらけ ぢのかはぎり たえだえに  あらはれわたる せぜのあじろぎ

    15  きみがため るののにいでて わかなつむ  わがころもでに ゆきはふりつつ

    50  きみがため をしからざりし いのちさへ  ながくもがなと おもひけるかな

    76  わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの  くもゐにまがふ おきつしらなみ

    11  わたのはら そしまかけて こぎいでぬと  ひとにはつげよ あまのつりぶね

    ぱっと見、お分かりかと思いますが

    「あさぼらけ」だけ聞いて 「あらはれわたる せぜのあじろぎ」

    を取ってしまってはいけないんです。

    「よしののさとに ふれるしらゆき」の可能性もあるんですから。

    あせらないあせらない。

     

    「わたの原 八十島かけて こぎ出でぬと 人には告げよ あまのつり舟」 

    「わたの原」なんですが「わた」は海、「原」は広い所、つまりは大海原を指すんですね。

    作者の 参議 篁(さんぎたかむら)は 837年に遣唐副使に任ぜられました。

    けれど大使と争って乗船しなかったために、隠岐に流罪になってしまったんです。

    隠岐に送られていく途中、出会った漁夫の釣り舟に

    この歌を作って詠んだそうです。

    遣唐使は壊れた船で行け、と言われていたそうなので

    断ってしまうのも無理のない話です。

    その後、許されて参議に進んだ、ということです。良かったですね~。

     

    短歌の良さの一つに その歌の詠まれた背景がうかがえるというところが

    あると思います。

    その背景が思い浮かぶと、より暗記が深い物となりますね。

    こうやって暗記すると その記憶は一生物ですよ!

     

    これで「きまり字」での覚え方は最終回なんです。

    パチパチパチ~。

    次回からは「百人一首シリーズ スピンオフ 歌の背景」について

    書いてみたいと思います。

    Tags: , ,

  • スタッフブログ, 古文 02.12.2009 コメントは受け付けていません。

    古文な気分「百人一首を覚えよう」13回目です。

    「古文な気分」は「百人一首を覚えよう」シリーズをお送りしています。

    j0145242

    今日は小春日和でしたね。窓から差し込む日差しが暖かかったです。

    明日は雨模様になるようですが

    これで紅葉も葉が落ちてしまうでしょうか。

     

    このごろ「百人一首」で検索してくださる方が何名様か

    いらっしゃるようです。

    ありがとうございます。嬉しいです。

    知ってる事は全て書きたいと思うのですが、

    後からまた書きそびれた内容は付け足したいと思っています。

     

    では「きまり字」5字を覚えていきましょう

    きまり字5字の短歌は2首しかありません。

    93  よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ  あまのをぶねの つなでかなしも

    83  よのなかよ みちこそなけれ おもひいる  やまのおくにも しかぞなくなる

     

    93の「世の中は 常にもがもな  渚こぐ あまの小舟の 綱手でかなしも」は

    鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)の歌です。

    「この世の中は、いつまでも変わらないでいてほしいなあ。

    いま、このなぎさをこいでいく漁夫の小舟にかけて、

    陸から引いていく綱のなんとおもしろいことよ。」という意味。

    「もがもな」は、「もがも(願望)+な(詠嘆)」

    で実現困難な願望を、詠嘆的に表現しているんです。 

     

    83の「世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる」は

    皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)の作。

    「つらくていやなこの世の中からのがれる道はないのだなあ。

    思いつめてはいった山の奥にも、妻をしたう鹿がさびしく鳴いているよ。」

    という感じですか。

    「こそ」は強意の係助詞、また

    「なけれ」は形容詞「なし」の已然形で、こその結びとなります。

    「(悲しみを逃れる)方法などないものだ」という意味です。

     

    「世の中」が古典で出てきた時には「男女の仲」を指すことが多いので要注意!

    この歌は2首とも「世間」的な意味ですが。

    Tags: , , ,

  • スタッフブログ, 古文 01.12.2009 コメントは受け付けていません。

    古文な気分。「百人一首を覚えよう」12回目です。

    「古文な気分」は百人一首を覚えようシリーズです。

    42-15852302

    今日から12月。いよいよ今年もあと1ヶ月です。

    今日は季節性のインフルエンザの予防接種をしてきました。

    エール学院では社員全員が11月中に

    インフルエンザの予防接種をしなければいけないんですけど

    1日遅れてしまいました。

     

    毎年予約をしなくても接種できる医院さんなんですが

    今年は新型インフルエンザの影響で

    予約制になっていました。

    新型の方はいつごろワクチンの順番がまわってくるのかな~。

    せめて受験生だけでも早くしてほしいところです。

     

    では「きまり字」4字の歌を覚えていきましょう

    前回で「きまり字」3字は終わったのでしたね。

    今回から「きまり字」4字の短歌を覚えていきましょう。

    19  なにはがた みじかきあしの ふしのまも  あはでこのよを すぐしてよとや

    29  こころあてに をらばやをらむ はつしもの  おきまどはせる しらぎくのはな

    42  ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ  すゑのまつやま なみこさじとは

    68  こころにも あらでうきよに ながらへば  こひしかるべき よはのつきかな

    75  ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて  あはれことしの あきもいぬめり

    88  なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ  みをつくしてや こひわたるべき

     

    「きまり字」4字はこの6首です。

    19の「難波潟 短き芦の ふしの間も  あはでこの世を すぐしてよとや」
      
    という伊勢(いせ)の歌にも

    88の「難波江の  芦のかり寝の ひと夜ゆゑ みをつくしてや 恋わたるべき」

    という皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう )の歌にも

    出てくる植物「芦(あし)」。

    おなじみなのは、ヨーロッパ文学でのブレーズ・パスカルによる言葉

    「人間は考える葦(roseau pensant)である」

    ですね。

     

    古文の中にも結構使われていて、

    万葉集では、蘆、葦、安之、阿之という書き方で

    50首におよび詠まれているんです。

    300px-herons_et_roseaux_suzuki

    こちらは「鷺と葦」という18世紀に鈴木春信によって描かれた画。

    「よしず」などの材に利用されたこともあり

    古来から人々の身近にある植物だったのですね。

    Tags: , , ,

  • スタッフブログ, 古文 28.11.2009 コメントは受け付けていません。

    古文な気分。「百人一首を覚えよう」その11

    「古文な気分」は百人一首を覚えようシリーズをお送りしています。

    ph02933j

    11月も残り少なくなってきましたね。

    もうすぐ12月、師走という名の通り学習塾の中では走るような忙しさ。

    冬期講習は始まるし、受験も追い込み時期。

    学習相談や進路面談はご納得ご安心いただくまで、というのが先生方の意気込みなんです。

    何度も足を運んでいただいて、お力になれれば学習塾冥利です。

     

    では気分はゆっくりと百人一首の世界に浸りたいと思います。

     

    「きまり字」3字の「や行」「わ行」

    32  やまがはに かぜのかけたる しがらみは  ながれもあへぬ もみぢなりけり

    28  やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける  ひとめもくさも かれぬとおもへば

    8   わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ  よをうぢやまと ひとはいふなり

    92  わがそでは しほひにみえぬ おきのいしの  ひとこそしらね かわくまもなし

    38  わすらるる みをばおもはず ちかひてし  ひとのいのちの をしくもあるかな

    54  わすれじの ゆくすゑまでは かたければ  けふをかぎりの いのちともがな

     

    「きまり字」3字はこれでお仕舞いなんです。やった~!!

     

    この中の「山里は 冬ぞさびしさ まさりける  人めも草も かれぬと思へば」は
     
    三十六歌仙のひとり、源宗于朝臣(みなものむねゆきあそん)の歌です。

    現代語に訳してみると

    「山里の景色や暮らし向きは、いつの季節でもさびしいけれど、冬は格別に

    さびしさが身にしみて感じられるなあ。

    訪ねて来てくれる人も途絶えてしまい、心をなぐさめてくれた草も

    枯れ果ててしまうのかと思うと。 」

    という意味になるでしょうか。冬の寒々しさが伝わって来ますね。

     

    歌の中の

    「冬ぞ寂しさ まさりける」なんですが、

    「ぞ」は強意の係助詞で、「季節の中で冬が一番」というような強調した意味になります。

    他の季節よりずっと、というニュアンスですかね。

     
    「寂しさ」は「孤独だ」とか「寒々として寂しい」という意味になります。

    また「まさり」は動詞「まさる」の連用形で、

    「増す」とか「つのる」という意味で使います。現代語ではあまり例がありません。

    「ける」は詠嘆の助動詞で「ぞ」を受けた係り結びです。

     

    文法的に分解してしまえばこうなりますが、

    何度も声に出して詠んでみると 冬の空気感がしっくりきますね。

    Tags: , , ,

  • スタッフブログ, 古文 25.11.2009 コメントは受け付けていません。

    古文な気分。「百人一首を覚えよう」記念すべき10回目!

    古文な気分「百人一首を覚えよう」シリーズの10回目。ここから始めてもいいんですよ。

    とうとう10回続いたこのシリーズ。もうそろそろゴールが見えてきたかな?

    なにしろ100首覚えるのですから、あせらずゆっくりやりましょう!

    j0402483

    今日は暖かな一日でした。

    秋なのを忘れそうなくらい。

    雨上がりの午前中がキラキラしてましたね。

    我が家の4匹の猫たちはのんびり日なたぼっこしてたんだろうな~。

     

    それでは「きまり字」3字の途中、昨日の続きから始めましょう。

     

    「きまり字」3字の「は行」「ま行」

    96  はなさそふ あらしのにはの ゆきならで  ふりゆくものは わがみなりけり

    9  はなのいろは うつりにけりな いたづらに  わがみよにふる ながめせしまに

    2  はるすぎて なつきにけらし しろたへの  ころもほすてふ あまのかぐやま

    67  はるのよの ゆめばかりなる たまくらに  かひなくたたむ なこそをしけれ

    35  ひとはいさ こころもしらず ふるさとは  はなぞむかしの かににほひける

    99  ひともをし ひともうらめし あぢきなく  よをおもふゆゑに ものおもふみは

    49  みかきもり ゑじのたくひの よるはもえ  ひるはきえつつ ものをこそおもへ

    27  みかのはら わきてながるる いづみがは  いつみきとてか こひしかるらむ

     

    私の学生時代のお友達に

    「花の色は うつりにけりな いたづらに  我が身世にふる ながめせしまに」という 

    小野小町(おののこまち)の歌を

    「花の色は うつりにけりな いたづらに  ?乙女の姿  しばしとどめむ?」

    と覚えてる人がいて、意味は何となくつながってるんですけどね、

    こんな風に覚えこまないでくださいね。

     

    意味は「桜の花はさかりを過ぎて、すっかり色をあせてしまいました。

    春の雨が降り続く間に。

    かなえられぬ恋の思いにうちしずみながら、

    降り続く雨をぼんやりながめ暮らしているうちに,わたしの美しさも、

    桜の花の色のように、こんなにおとろえてしまいました。」

    というような感じでしょうか。

     

    「花」とだけ書かれている場合には、古典では「桜」を意味します。

    また、「世にふる」ですが ここでの「世」は「世代」という意味と

    「男女の仲」という両方の意味が掛けてある掛詞になっています。

    その上、「ふる」も「降る(雨が降る)」と「経る(経過する)」が掛けてあって、

    「ずっと降り続く雨」と「年をとっていく私」の、こちらも両方の意味が含まれています。

     

    小野小町は才色兼備の女性だったのですね。

    Tags: , , ,