• 作文の書き方。例えば高校入試2回目です。

    「作文の書き方」例えば高校入試の作文について書かせていただいています。

     

    作文と小論文の違い。小論文といっても作文のこともあり。

    おわかりいただけましたか?

     

    では「あなたの中学生生活」「中学の3年間」という課題の場合

    あなたならどう書きますか?

    「え~っと、まず中学入学の話があって

    中学1年の時は部活の練習が大変だったし

    中学2年の運動会と音楽会はクラスの練習がんばったし

    中学3年の修学旅行も欠かせないよね~」

    と、順を追って書き、

    「高校生になってからも頑張りたいと思います。」

    と前向きに締めくくる。

     

    思いつくのはこのパターン、という中3生が多いかもしれません。

     

    順序立てて書けば良いというものではない!?

    このストーリーで、読み手はあなたの中学生活のあらましはわかりますが

    肝心なあなたの人間性や感性はつかめないかもしれません。

     

    では8割がたの人が書きそうなこの作文、どうしたら高評価になるでしょう。

     

    それには頑張った部分「部活の練習」や「音楽会のクラス練習」や

    自分で考えてより良い過ごし方をした「修学旅行」などの経験を

    重点的に書く事です。

    そのエピソードを中心に据え、文章を組み立てていけば

    構成のうまさを感じさせる作文になるはずです。

     

    問題の余白などに構成をメモしておくと、途中で迷子になることもなくなりますね。

    Posted by chizuko @ 9:29 PM

    Tags: ,

  • Comments are closed.